ふぁら夫をお迎えしてから

糞→シーツ交換(蛇を手で触る)→ストレスによる脱糞→シーツ交換(蛇を手で触る)→ループ

を、繰り返してしているうちにふぁら夫が餌を食べなくなり
さらにシーツ交換のとき、物凄い勢いで逃げるようになってしまった・・

蛇からしたら巨人が自分の住処を荒らし(掃除)たあげく
(仮ケージへうつす為に)体を触ってくるなんて、恐怖そのものかもしれない
「ふぁら夫ちゅわ~ん(ニッチャァ~」
名称未設定 1
出典:shingeki-kyojin.com

これはいけない・・ということで糞をしててもケージを触らない期間を設けると
すぐ餌は食べるようになり、さらにシーツ交換の際
ハンドリングも極力さけ作業的にささっと済ませるようにしたら
逃げられることもなくなりました


ということで、言葉を発せないふぁら夫からの断食と動作で
「おれに触るのは大概にしろ。住処きれいにして水換えもやっとるようやし、ちょっとだけなら許したる」
という明確な意思を知らされました


今週のふぁら夫さんの可愛い1コマ