chichiTypeSoftのブログ

カテゴリ: gundam online


ちょっと今新しいことをはじめていて
今自分が定期的にヤってることで無駄な事をいくつか断捨離しました
(要はお金にならない木は育てるのをやめてお金になる木を育てると)

ガンオンはもう自分にとって何も生み出さないストレスゲームなので断捨離
ゲーム制作や3DCG学習はその分ちょっと比重を置き
Youtube(mutsusuke-channel)は年に数回自己マンのスカイリム動画を上げるぐらいでほぼ断捨離し
当ブログはガンオンブログと化してたのでやや断捨離
もちろん癒しのhinaは現状維持です
そして新しいことはジャンルや層が全然違うのでここでは扱えませんが
別サイトで多展開しています(もちろん収益化してますウェヒヒ)
収入源は多いにこしたことないのだ!

ということでラストガンダムオンラインです↓

 

なんだかんだ言って3~4年?続けたゲームですね
総課金額は4~5万でしょうか
新しいことは割りと反射神経を使うのでガンオンの操作系統↓で鍛えられた反射神経は
無駄ではなかったと思いたいw
画像


今回もガンオン。
マップはアクシズです。
敵(ジオン)将校のメンツを見るとため息が出ましたが
今は凸ジオも消えさり、連邦も強いので機雷とレーダーと特攻防衛で
ゴールデンタイム連隊の凸を少しでも防ぐ意気込みでいきましたw

 

axis


結果、序盤~中盤ぐらいまではやはりジオンの凸力で
結構ゲージ差が開いていましたが中盤~の味方の方が動きがよくて
逆転勝ちしました。
やはり、連邦将校はイケメンが多い!
序盤でゲージ負けしてても勝つ気でいるところがさすがです。


拠点4→A凸、拠点5→A凸の繰り返しで凸負けすることが
多々あるので、わたしのようにMSで貢献できそうにない敵だと判断
したときは拠点4,5付近に機雷とレーダーをばら撒くのもいいと思います
あとは拠点4,5から敵がいなくなったときは拠点2からいっきにB全凸に
きてたりするので拠点4,3,5の縦ラインにレーダーを隙間なく置くのも
おすすめします










今回もガンオン。
マップはニューホンコンです。
高機動型ジェガンとジェガン(ジェネラルレビル護衛機)と素ジェガンで参戦

 

m


サイコガンダムを取られても、拠点A、Bバランス良く防衛し
ジオンの凸を完封できる連邦将校はやはり強い

レーダーは拠点3の縦ラインと北通路は拠点1下に置いとけば
試作核とビーコン凸の防衛線ははれます
たまーにゴックとかアッガイTVがねずみにくるので
わたしは必ず拠点B手前にレーダーを置いてます


それにしても、高機動型ジェガンが320コスト分の活路が見出せない・・
初動の格闘移動で拠点1に高速移動し
敵をネットグレで足止めするぐらいしか思いつかないw









ということで、久しぶりにガンオン再開しました。
連邦が復活したことでガンオンが少し楽しくなりましたね。
今回のマップはトリントン港湾基地です

 
tori


ここは1ー4ライン近郊の敵グレポイマンに攻撃するか
ひたすら水中ねずみと敵レダ壊しをしてます
ねずみは敵のラインを下げる効果もあるのでオススメ
あとはビコ抜け予防に拠点2縦ライン上にレーダーを
絶え間なく張り巡らせます


ビルドファイターズの続編?のGMの逆襲をBandaiChannelで見たのですが
やはりガンダムコンテンツは面白い




ガンオンもユーザーさえ良ければいいコンテンツなんですが
この前やってたガンオンLive配信を見たのですが
ジオンユーザーらしきコメントにドン引きしましたね







ザニー特性上げの為にちょっとだけ復活してガンオン
マップはテキコロで佐官戦場です

 

tekikoro

歩兵が強いと刺さる初動Z-C凸で初動でジオンのやる気を削ぎ
あとは絶え間なくレーダーをはってねずみと核を警戒し
完膚なきまでジオンをたたきます(^ω^)
あとはジェガンでMS戦を楽しむ・・やっぱり佐官戦場は楽しいなぁ
と思ってたら准将に昇格し、ジオン将官連隊にひき殺され
おまけにザニー設計図は残り30枚まできても金図はおろか銀図も出ず・・・
参戦させるために絞ってるのか、この運営はほんとにダメですねぇ・・
完全にやる気をなくしましたよ
ガンオンはストレスを与えてプレイヤーの健康を害させるゲームですか?

連邦が復活するかジェガン新機体が出るまでログインチケットだけもらうだけにしよう・・





時代は癒しのロリファンタジー(スカイリム)だ!!
ScreenShot9

プレイヤーをトカゲから↑左の褐色ショートカットロリに変更して乳揺れMODと
スカートの揺れMODなど入れてたらどんどん神ゲーになってきましたw
次々回ぐらいでMODの詳細を書いていきます





このページのトップヘ